スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ーフィルタベントの落とし穴ー フィルタなんてなんのその、すいすい通る放射能

第32回学習交流会「柏崎刈羽原発の審査 どうなってるの?」(11月16日)で発行した「会から皆さまへ」(No9)です。


「柏崎刈羽原いのち・原発を考える新潟女性の会」から皆さまへ No9(2014年11月16日
”―フィルタベントの落とし穴― フィルタなんてなんのその、すいすい通る放射能”


フィルタベントをテーマに8月26日に開催された「柏崎刈羽原発6,7号機・新規制基準適合審査会合」で、東電は「自主的な安全性向上対策として、排気ガスに含まれる〝よう素″を除去するための〝よう素フィルタ″を設置する」ことを明らかにしました。

「自主的な安全性向上対策」とはいうものの設置は、他社がすでによう素フィルタ設置を表明していることと無関係ではなさそうです。

フィルタベントには、その名の通りフィルタがついているのに、なぜさらにもう1つ〝よう素フィルタ″をつけるのでしょうか? 答えはかんたん、〝よう素″はフィルタベントのフィルタをすりぬけて外気に出てしまうからです。

格納容器から出て来る高濃度放射性物質のうちフィルタベントが低減(除去ではありません)できるのは「粒子状放射性物質」(代表はセシウム)です。「ガス状放射性物質」は低減できないので、そのまま出ていくことになるのです。

東電は8月26日審査会合の資料で、フィルタベントで低減できない「ガス状放射性物質」である〝希ガス″をどのように低減するかについて、次のように説明しています。

<〝希ガス″の低減方法> 
格納容器内にできるだけ長くとどめ(=ベント実施をできるだけ遅らせる)、放射能量を可能な限り減衰させる。ベント実施を遅らせるために、格納容器スプレイの実施や水源への補給等の対策を講じる。

〝よう素″も「ガス状放射性物質」なのでしょうか? 東電は次のように説明しています。
「圧力容器から格納容器に入ってくる〝よう素″の95%以上が〝粒子状よう素“(CsI)で、最大5%がガス状の〝無機よう素″(I₂)である」

ガス状の〝無機よう素″も〝希ガス″と同じ方法で低減するのでしょうか? 8月26日審査会合資料の説明を紹介します。

<〝よう素″の低減方法>
・サプレッションプール水中に取り込まれた〝粒子状よう素″が、サプレッションプール水中で〝無機よう素″に変化し、〝無機よう素″の一部が時間をかけて〝有機よう素″(CH₃I)に変化する。(〝無機よう素″の一部が時間をかけて〝有機よう素″(CH₃I)に変化する〝」について、 新潟県技術委員会で東電は「無機よう素のうち最大3%が有機よう素に変換する」と説明しています)

・一度生成された〝有機よう素″は格納容器内で除去されることなく、フィルタベントに流入する。

・サプレッションプール水のphを7以上に維持した場合、サプレッションプール水中で〝無機よう素″生成が抑えられ、その結果〝有機よう素″の生成量も抑えられるので、〝よう素″についてはサプレッションプール水のph制御を行うことが有効な低減対策となる。

・フィルタベントに流入したガス状の〝無機よう素″は、スクラバ水(フィルタベント設備に入っている薬液)内のチオ硫酸ナトリウムとの化学反応で〝よう素イオン″となりスクラバ水に溶解する。この化学反応を安定化させるためにはスクラバ水のphをアルカリ性に保つ必要があるので、スクラバ水には水酸化ナトリウムを溶解させる。

・〝よう素イオン″になりきれない〝無機よう素″と〝よう素イオン“にはならない〝有機よう素″は、〝よう素フィルタ“を設置し銀ゼオライト吸着材の中に取り込むことで低減させる。

果たして〝よう素″は東電のねらいどおり低減できるのでしょうか?県技術委員会では「〝無機よう素″の最大3%が〝有機よう素″に変換するというのは1995年段階の知見で、その後2004年に最大ピークで30%近くが〝有機よう素″になるという実験結果が出ている。1995年の3%をあまり前面に出すのはちょっと気になる」(2014年度第2回技術委員会議事録)という意見がありました。

8月26日の適合審査会合では、サプレッションプール水のph制御について「サプレッションプールの水量は膨大なので、ph管理は簡単にいかないのではないか」という懸念が出されています。

フィルタは、すべての放射能を外に出さないようシャットアウトする能力はありません。ベント実施時には、ガス状放射性物質の〝希ガス″全量と、“よう素フィルタ″でなおも取りきれなかった〝無機よう素″と〝有機よう素″等が外気へ流れ出ます。

その被ばく線量率について、8月26日の審査会合資料は次のように説明しています。

<ベント時の被ばく評価 (資料137頁)>
ベント実施にともない、大気中に希ガス等の放射性物質が放出されるため、フィルベント装置周辺の被ばく線量率は上昇する。ベント実施直後における主たる被ばく線源は希ガスであり、フィルタベント装置の放出口付近の作業エリアの被ばく線量率は一時的に1Sv/hを超えると考えられる。ベント実施時に行う消防車への燃料補給等については、被ばく線量率が低下した後に作業を行うものとする。(*1Sv/h:1Sv = 1000mSv  250mSvで急性障害(めまい、吐き気、脱力感等)が出始め、1.5Sv で一部死亡。1Sv/hは致死量に近い被ばく線量率です)

「ベント実施時に行う消防車への燃料補給等については、被ばく線量率が低下した後に作業を行う」とありますが、「被ばく線量率が低下した後」とは「プルームが通過した後」であり、その後プルームは刈羽村や柏崎市を通り風のふくまま県内を流れ、被ばくと土壌汚染をもたらします。(*プルーム:気体状(ガス状あるいは粒子状)の放射性物質が大気とともに煙突からの煙のように流れる状態を放射性プルームといいます。放射性プルームには放射性希ガス、放射性ヨウ素、ウラン、プルトニウムなどが含まれ、外部被ばくや内部被ばくの原因となります)

フィルタをすいすいと通り抜ける放射能の線量率は驚くほど高いです。高濃度放射能を垂れ流すベント実施を前提とした事故対策を、あなたは有効な対策と認めることができますか?「いのち・原発を考える新潟女性の会」6人は大声で言います。
「認めることはできません!」

(2014年11月26日)
スポンサーサイト

つまみ食いデータと確率で作り上げた”虚構の安全”を審査してなにになる?

第32回学習交流会「柏崎刈羽原発の審査 どうなってるの?」のパワーポイント資料から、末尾の「これまでの審査への疑問」を報告します。

その前に…

・「柏崎刈羽原発の審査」の審査とは? - 原子力規制委員会が実施している新規制基準適合審査のことです。

・「柏崎刈羽原発の審査」の経過です。
<2012年>
9月19日 原子力規制委員会、規制庁発足                
<2013年>
6月19日 新規制基準決定 
7月2日 東電・広瀬社長、安全協定第3条事前了解を破棄して柏崎刈羽原発6,7号機の審査申請を公表
7月5日 東電・広瀬社長、泉田知事に審査と事前了解協議並行を要請、知事は拒否             
9月21日 東電、県の了解前に申請する考えはないと発表
9月26日 知事、条件付きで東電審査申請を承認
9月27日 東電、柏崎刈羽原発6,7号機の審査を申請

・泉田知事が東電の審査申請を承認する際に付けた条件とは?
<審査申請承認の条件>
1 ① ベント操作による住民の被ばくが許容できないと明らかになった場合 ② フィルタベント設備の設置に関して安全協定第3条(事前了解)に基づく協議が整わないと明らかになった場合には、審査申請の証人を取り消す。
2 ① 新潟県の安全協定に基づく協議後に修正申請を行うこと ② フィルタベント設備は地元避難計画との整合性を持たせ安全協定に基づく了解が得られない限り使用できない設備であることを、申請書に明記すること
        
2について、東電は条件通りにしました。1については、現在県技術委員会で検証中です。

・適合審査会合は11月6日までに16回開催されています。
第1回(13年11月21日)申請の概要について
第2回(11月28日)申請内容に係る主要な論点
第3回(14年1月24日)地質について
第4回(7月22日)確率論的リスク評価について
第5回(8月5日)静的機器の単一故障について
第6回(8月26日)フィルタベントについて
第7回(9月2日)  〃
第8回(9月30日)確率論的リスク評価について
第9回(10月2日)事故シーケンスの選定について
第10回(10月3日)地質、調査結果について
第11回(10月14日)有効性評価について
第12回(10月16日)   〃
第13回(10月17日)津波評価について
第14回(10月23日)外部火災影響評価について
第15回(10月28日)内部溢水影響評価について
第16回(11月6日)外部火災影響評価について
このほかに、規制委員会から東電へのヒアリングが106回(11月6日時点)、現地調査が2回(2月17~18日、10月30~31日)行われています。ヒアリングは非公開とされていて議事要旨と資料のみ公開となっています。

・「これまでの審査への疑問」です。
(PRAについて)
・日本では、PRAの実績が十分とは言えない - “つまみ食い”のデータで的確な評価ができるのか?
・PRAは運転開始時(新品状態)のプラントを対象としている - 経年劣化、とりわけ2007年の中越沖地震の影響が反映されていない評価結果は、現実とかけ離れているのではないか?
・地震、津波PRAは、全く実績がない - であれば、確率が小さいことを理由に評価対象から外すのではなく、きびしい評価を徹底すべきではないか?
・地震、津波PRAはそれぞれ単独事象が前提となっている - 地震、津波同時発生のケースを欠いたPRA評価結果は現実から大きくかけ離れているのではないか?

(事故シーケンスについて)
・大規模地震における事故シーケンスを、評価方法の保守性や詳細評価が困難なことを理由にして、評価対象から外している - 福島原発事故から目を背け、大規模地震発生の可能性を軽んじ、都合のいい事故シーケンスで乗り切ろうとしているのではないか?3.11以前の「安全神話」のままなのではないか?

(有効性評価について)
・3ケースとも、6,7号機それぞれ運転員2人で事故発生後10分間でプラント状況を把握するとされている
ー どんな状況下でも可能なのか? 不可能な状況を考慮しているのか?
・タイムフローが示されているが - 精緻であればあるほど、どこか1カ所想定通りにいかないことが起きれば、その後の対応は混乱するのではないか?
・対策が人力に偏っている - そのこと自体、無視できないリスクではないのか?

(外部火災について)
・森林火災影響評価では、過去10年間の気象データから最大風速等を設定している - 気象に関して、過去のデータだけでは不足なのではないか? 温暖化等の影響による気象の異変を十分に考慮しているのか?
・航空機墜落は墜落確率から墜落地点を想定し、火災の影響評価をしている - まるで、影響は及ぼさないという評価結果から逆算して導いた想定のようにみえる。 航空機墜落の影響は火災だけなのか?

(内部溢水について)
・機器破損等での溢水で原子炉隔離時冷却系が機能喪失しても、高圧注水系が機能するので、高圧注水機能は維持されるとしている - 原子炉隔離時冷却系と高圧注水系は、系列が異なっており、原子炉隔離時冷却系の代替を同じ系列で対応すべきではないか?
・地下水溢水の影響評価では、止水措置があり浸水はない、としている ー 対策は万全だという前提に立った評価が通るのか?

(静的機器の単一故障について)
・多重性、多様性を不要とする理由として、故障発生の可能性が極めて小さいことをあげている ー 故障発生の可能性が極めて小さいから単一設計となっているのであれば、事故の可能性を設計思想を理由に否定するのは、深層防護の否定につながるのではないか?

(フィルタベントについて)
・性能評価でph7など、基準数値が示されている - その数値の信頼性を評価しているのか?NUREGの数値をうのみにしてよいのか?
・フィルタベント実施時の水と薬液補給の屋外作業はプルーム通過後に実施するとされている。被ばく抑制の遮へい壁周辺の放出口付近の作業エリアの被ばく線量率は一時的に1Sv/hを超えると考えられるとある - 致死量にも近い線量率になる。作業エリアを通過したプルームは、風に乗って流れ人を被ばくさせ、環境を汚染し、取り返しのつかない被害をもたらすことに痛みはないのか? 

(2014年11月19日)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。