スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再稼働決定・野田総理への抗議文

2012年6月16日

内閣総理大臣 野田 佳彦 様
        
                             
いのち・原発を考える新潟女性の会
山内悦子 大野和 佐藤早苗 
桑原三恵 本間伸子 樋口由美子
                         連絡先 桑原三恵
                           新潟市西蒲区巻甲756-15
                           TEL 0256-72-5091


 
                抗議文


 野田総理他3大臣による大飯原発3・4号機再開決定を容認することはできません。

東京電力福島第1原子力発電所事故(福島事故)の検証もないまま津波対策のみで安全性が確保されたとする野田総理の判断は専門家から疑義、批判があいつぎ、世論調査の結果に表れているように国民の信頼を失っていることは明らかです。

 世論に反する再稼働を強行するために、野田総理は「日本社会がたちゆかなくなる」と国民を脅し、関西圏から出された提言や全国各地の自治体議会で可決された再稼働反対決議や意見書等を無視しました。これは、民主主義を標榜する政権にあるまじき行為といわざるを得ません。

 福島事故の教訓として当然なされるべき過酷事故対策は先送りされ、一方、おおい町や周辺自治体には十分な防災計画がありません。住民は命に係わる脅威を政府の手で押しつけられています。

 
 以上、総理大臣として国民の生命を守る責務を放棄し、安全性を軽視し、国民世論を無視し、地元住民に不安と危険を押し付けた再稼働決定に強く抗議し、撤回することを求めます。







スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★☆★☆外出があまりできない人にオススメです☆★☆★

【この記事で紹介中】再稼働決定・野田総理への抗議文

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。