スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いのち・原発を考える新潟女性の会」第12回学習交流会のお知らせ

今日は、東京で「さようなら原発10万人集会」が開かれています。きっと、会場の代々木公園はとんでもないくらい大勢の人々が集まって「さようなら、さようならー」と50基の原発に別れを告げ、新たな明日に向かう思いにあふれていることだろうと思います。

私はといえば、東京には行かず、今週末から始まる3つの集会での資料作りに追われています。

正直のところ焦り気味、でもようやくメドがついてきたようです。

それぞれ違う集会の最後は「いのち・原発を考える新潟女性の会」第12回学習交流会です。

日時:7月29日(日)13:30~15:45
会場:ほんぽーと・ビーンズホール 新潟市中央区明石2-1-10 TEL025―246―7700
資料代:500円

「女性の会」とありますが、もちろん、性別・年齢問わずどなたでもご参加ください。
お問い合わ先です。
TEL:0256-72-5091
携帯:090―4625-9809

今回のテーマはつぎの2つです。

(1) 再稼働
大飯原発3・4号機再稼働の経過をふりかえりながら、東電福島第1原発事故が明らかにした問題はどうなったのか、新たに浮かび上がった問題はなにか等について考えたいと思います。
東電は電力料金値上げと柏崎刈羽原発再稼働で経営再建を図る計画をたて、国もその計画を認可しました。大飯原発の次は柏崎刈羽の再稼働だとも言われています。現状と今後について情報を共有し、今後予想される“大攻勢”に私たちはどう立ち向かうのか話し合いましょう。

(2)これからのエネルギー政策
政府は6月末にこれからのエネルギーのあり方について選択肢を提示し、国民的議論を経て8月末には今後のエネルギー政策の基本方針を決定するとしています。どのような選択肢が提示され、どのようなあり方を選択すればいいのか、そもそも選択肢は妥当なのか等について考えましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。