スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのち・原発を考える新潟女性の会 第15回学習交流会のご案内


「もっと知りたい原子力発電所のすべて」第15回学習交流会★★★★★★★★★★★★

今中哲二さん(京都大学原子炉実験所)講演会
「チェルノブイリ事故と福島事故 放射能放出と放射能汚染の実状」

福島事故から2年が過ぎ、廃炉作業のめどもたたず、除染が進まない中、政府は避難地域を再編し住民の帰還を促進しています。一方、チェルノブイリ事故から27年の現地では、健康被害に苦しむ日々が続いています。

2つの事故を通して私たちが未来に向けて発信しなければならないことは、何でしょうか?

講師の今中さんは、学生時代に原子力開発に疑問を抱き、チェルノブイリ原発事故の放射能汚染と影響の解明に長年取り組んでこられました。福島事故では直後に飯館村に入り、汚染の深刻さをいち早く発信され、現在も事故由来の放射能と闘っておられます。今中さんの講演をお聞きください。
(*JR事故のため中止となりました昨年12月の講演会をあらためて開催します。)

●と き  2013年5月19日(日)13:30~16:00
●ところ  新潟市万代市民会館6階多目的ホール
     新潟市中央区東万代町9番1号(TEL 025-246-7711)
●資料代  500円

※駐車場はありませんので、公共交通機関等でお越しくだ
さい。JR新潟駅万代口から徒歩7分です。

※保育室(万代市民会館内)を用意します。
 先着10人のお子さんを「保育グループACB(アシベ)」
さんがお世話します。保育料は一人200円です。
5月13日までに 090-6797-7032(本間)に
お申込みください。


主 催:いのち・原発を考える新潟女性の会
(呼びかけ人;山内悦子・大野和・佐藤早苗・桑原三恵・本間伸子・樋口由美子)
連絡先:090-4625-9809(桑原)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。