スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エネルギー基本計画」閣議決定について抗議と要望

「エネルギー基本計画」閣議決定について、抗議と要望を安倍総理、茂木経産相、菅官房長官に出しました。

2014年4月13日  

内閣総理大臣 安倍晋三様
経済産業相 茂木敏充様
内閣官房長官 菅 義偉様

いのち・原発を考える新潟女性の会
山内悦子 大野和 佐藤早苗
本間伸子 桑原三恵 樋口由美子
<連絡先> 桑原三恵
953-0041 新潟市西蒲区巻甲756-15
TEL・FAX 0256-72-5091

「エネルギー基本計画」閣議決定について

 2月26日及び4月6日と2度にわたって「エネルギー基本計画政府案」の白紙撤回を要求したにもかかわらず、同案を閣議決定したことに強く抗議します。

未だ13万人にも及ぶ方々が避難を余儀なくされ、地域コミュニティの崩壊、広範囲の居住不可地域をもたらした福島第一原発事故の悲惨を目の当たりにしながら、原発を「ベースロード電源」にすえ再稼働と原発依存を内容とする計画しか作りえない安倍政権は、国民の意思をくめないばかりか、将来への視野を欠いた稚拙な政権としか言いようがありません。異論を排し、電力業界をはじめとする経済界の利益を優先し、国民規模の議論とは程遠い政党間のなれ合いともいえる調整の結果である「エネルギー基本計画」を、私たちは断じて容認できません。

 「エネルギー基本計画」の多岐にわたる問題のうち、再稼働とエネルギーミックスについて要望します。責任ある対処と説明をしてください。

                     要望

(1)原発の再稼働について
①菅官房長官は4月11日の記者会見で「規制委の審査をクリアした原発について、安倍総理が再稼働の是非を改めて政治判断することはない」と述べたと報じられています。新規制基準に防災は含められていません。立地地域の避難計画と再稼働の関連について説明してください。

②立地自治体とはどの範囲の自治体をさすのかについて説明してください。

(2)エネルギーミックスについて
基本計画が「総合的なエネルギー政策の基本的な方針をまとめている」のであれば、「基本計画」ではなく「基本方針」です。具体的な目標や道筋が示されていない「基本計画」は計画とは言えません。「エネルギーミックスについては…速やかに示すこととする」とし、茂木経産相も記者会見で「1年程度で決めたい」と述べています。今後、エネルギーミックスをどのように検討し決定していくのか、具体的に説明してください。検討については、国民規模の議論を実現して下さい。

                                       以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。